企業情報

トップページ > 企業情報

ビジネストラベルの新しい「常識」が、始まっています。

会社概要:イメージ

経済活動のグローバル化の進展に伴い、ビジネスの舞台も国境を越え、新たなビジネスモデルによる競争が激化しています。また同時に商取引を支える通信インフラも日々進化し、インターネットはもとよりネットワーク上でのコラボレーション、電話会議など、コミュニケーションスタイルも日々変化を続けています。

一方、グローバルなビジネス活動が活発になればなるほど、異なる文化、経済環境をバックグラウンドとしたビジネスマンの交流はさらに複雑化、高度化しています。そのためIT技術の発達だけでは補いきれない質の高いコミュニケーションを図ることが、今後もビジネスを成功に導くために不可欠な要素であることに変わりはありません。

このような日々厳しさを増すグローバル競争の下で世界を相手に勝ち抜いてゆくための強いコスト構造を築くには、企業にとってコントロール可能な3大経費のひとつとされる出張コストを可視化し、削減していくことが大きな課題とされております。具体的には出張実績の各数値の把握をはじめ、購入パターンの分析、トラベルポリシーの策定・見直し、サプライヤーとのコーポレート交渉といったプログラムを実践していくことが旅費削減を実現するには非常に有効な手段となります。

また同時に企業は旅費の節減だけでなく、出張に関わるトータルな業務の効率化・コストの改善にも目を向けて行く必要があります。出張には、起案・承認、出張規定に基づく旅費計算、日当や諸手当、仮払金の支給、交通機関や宿泊施設の予約手配、社内精算、照合、支払いなど多様な関連業務が発生しており、これらの課題に対しては作業のBPR化やIT化などの取組みによる効率化が望まれます。

このように現代の企業は効果的な購買行動を通じた旅費削減と周辺業務効率の改善とを同時に行うことにより、トータル・コストを節減し、少しでも多くの経営資源を本来の業務に充てることが求められています。しかしこれらすべての課題を自社だけで解決するためには大変な時間とパワーが必要です。JTB-CWTは、JTBのハイクオリティーなサービスに加えカールソンワゴンリー(CWT)社が欧米諸国で実証してきた機能的かつ合理的なトラベル・エクスペンス・マネージメントの手法も取り入れて更に一歩進んだトータル・ソリューションを提供し、“Close to the World, Close to You”のモットーどおりにお客様に密着したサービスでお役に立ちたいと考えています。

ページの先頭に戻る